小田急沿線模型化計画

小田急線風味のNゲージレイアウト製作

デッキガーダーの通信ケーブルなど

先日のテストピースの結果を受け、「スリム架線柱」を大量生産開始、またユニトラック複線線路の塗装も!と言った感じで作業の方は黙々と進んでいますが・・・

どうしても避けて通れない作業が・・・それはデッキガーダーの手すりにへばり付く通信ケーブルです。レイアウトに固定してからでは絶対に出来なさそうなので、早いうちに片付けておかないと、ってことで。

実物はこんな感じでたくさんのケーブルが・・・
IMG_3414_800.jpg

以前ボツになったデッキガーダーで予行練習!ケーブルは3本が限界でした。
IMG_4037_600.jpg
※ケーブルはさかつうの極細コード(外径0.38mm)を使用


ケーブルをどうやってキレイに等間隔に固定するか悩んだ結果・・・プラ波板を細く小さく切って手すりに接着することに♪
IMG_4033_600_2.jpg


ピンセットでも摘めないほどの小さいパーツなので、カッターの先端で微妙に刺して摘んで・・・という風に接着していきました。1本目はこんな風に飛び石状態でパーツを接着しましたが・・・
IMG_4036_600.jpg


2本目はサボらずにちゃんと全箇所にパーツを付けました。
IMG_4043_800.jpg

パーツの溝1箇所ずつに瞬間接着剤をチョンと置いて、ケーブルを接着していきます。
IMG_4146_600.jpg

なんとかケーブル装着完了!
IMG_4150_600.jpg


デッキガーダーに仮置きしてイメトレ♪
IMG_4153_600.jpg
後述のようにレール自体は塗装済みですが、レール・鉄橋ともまだ固定していません。デッキガーダー関連の作業がようやく一段落付いたので、ぼちぼちこれらを固定したいところです。



先日のテストピースの結果を受け、レールの塗装開始。マスキングしてから、エアブラシでレッドブラウンを♪
IMG_4005_600.jpg

カーブレールは曲線用マスキングテープで。
IMG_4004_600.jpg


塗料はタミヤのアクリル系と鉄道カラーなどのラッカー系を使い分けていますが、レールに関してはやはり色ノリの点などからラッカー系で塗りたかったので、ベース固定前に後述のブースで塗装できるのは道床付き線路の利点です。
IMG_4028_600.jpg
レール周りしかマスキングしていないので、複線間が茶色に塗りつぶされちゃってますが、後からバラストを撒けば隠れるので気にしません。


そして過去ブログでお馴染み?の「スリム架線柱」。カーブ部分はワイド架線柱のままでも良いかな?と思っていましがたが、こんな感じで曲線部でもスリム架線柱でギリギリセーフなのが確認できたので・・・
IMG_4027_600.jpg
※おっと、JR御殿場線からの直通急行165系が入線しています(嘘)。


スリム架線柱大量生産!途中接着剤をこぼして3本お釈迦になるアクシデントもありましたが、慣れてきたせいか1時間足らずで10本ほど製作できました。
IMG_4006_600.jpg

塗装直前の様子。まるで連続鳥居みたい。しかしながらこの状態では物凄く塗装しにくかったです。
IMG_4012_600-2.jpg塗料はMr.COLOR No.307 グレーFS36320を使用。


ちなみにこんな環境で塗装しています。エアブラシはタムタムで買った「タムコンフレア0.2mm」。安物ですが今のところ自分には全然十分です。そして手作りの塗装ブース(笑)。
IMG_1138_600.jpg

ホームセンターで3000円くらいで買ってきた小型換気扇を利用。グンゼのホースと排気口アタッチメントで外に排気しています。吸引力は十分ですが、いかんせん箱の中の構造が悪いせいか吹き返しも多いので、そろそろ塗装ブースver.2を作成しようかと思っています。
IMG_1143_600.jpg


サンタナとしてはかなりハードロック寄りの曲。スタジオ盤よりライブverの方が断然格好良い!自分が生まれた頃の映像とは思えないほど鮮明&高音質♪
Santana - Persuasion(1970.08.18 LIVE)




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/05/12 21:47 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)

テスト用ミニモジュール

レールの塗装&バラスト撒き&ウェザリングの練習、またレール周りの仕様などを決めるために、ミニモジュールを作成しました。
IMG_3986_600.jpg

IMG_3988_600.jpg


そもそもですが、線路については今回は最初からユニトラックで行くことにしています。色々作業しているうちに「やっぱPecoのフレキレールじゃないと駄目かな?」などと思ったりもしましたが、いかんせん品薄で手に入りにくかったり、いっぽう鉄模雑誌なんかを見ていると、道床付き線路でもウェザリングなどで良い感じに仕上げている例が多々ありますし、自分自身もユニトラックでどこまで出来るかチャレンジしてみたい気持ちがありますので。


まずはレールの塗装。フリーハンドでもイケそうな気もしましたが、一応周囲をマスキングし、レッドブラウンをエアブラシで吹きつけました。
IMG_3959_600.jpg


バラスト撒き中。今回は評判の良い「会津バラスト」を使用しましたが、店頭では在庫を見つけられず、ネット通販でなんとかゲットしました。基本的には「M」ですが、後述の枕木隙間部分のみ「S」も併用しました。
IMG_3961_600.jpg


写真撮り忘れましたが、バラストの固定は・・・

1.ユニトラックの「肩」部分にマットメディウムを塗り、バラストを振り掛ける(これにより肩部分のバラストが滑り落ちにくくなる)。
2.全体的にバラストを撒き、シーニックセメントをスポイトで少しずつ垂らして固定。
3.枕木の隙間部分にマットメディウムを少量塗り、バラスト(S)を振り掛ける。

・・・という風に段階的におこないました。

シーニックセメントって最近知りましたが、薄める手間が無いのでズボラな自分にはサイコーです。作業後しばらくは全然固着されないし水分のせいでバラストがかなり黒っぽくなったりで焦りましたが、丸一日経ったら元の色に戻りつつバッチリ固着していました。


レール周りのウェザリング直前の様子。実験のため左右で雰囲気が異なっています。左側の線路は線路・枕木の外側だけバラスト(M)を撒き、いっぽう右側の線路は枕木の隙間や線路の内側にもバラスト(S)を撒いています。
IMG_3983_600.jpg 


薄めたフラットアースをエアブラシで吹いてウェザリング。やはり右側線路のように枕木の隙間にもバラストを撒いたほうが良い感じなので、本チャンもコレで行くつもりです。
IMG_4000_600.jpg

IMG_4002_600.jpg

ミニモジュール全体像。ウェザリングはやり過ぎな感じなので、本チャンはもっと控え目に行こうと思います。
IMG_3987_600.jpg
やはり架線柱は前回のブログの通り、横幅を切り詰めて正解でした。

ケーブルトラフは比較検討のため2タイプ作成。コチラはKATOの側溝を利用しましたが、小田急的には立派すぎるので・・・
IMG_3991_600.jpg

もう片方は1.5mm角のプラ棒にカッターで筋を入れて製作。しかしコチラは細すぎなので2.0mm角でも良いかな?何せレール自体がそもそも超オーバースケールなので、バランスを考えないといけないワケですね。
IMG_3992_600.jpg
線路脇の青い鉄柵も小田急沿線の必須アイテム。TOMIXのワイドレール用を利用。


道路は以前のブログの通りPCにて作成しましたが、側溝は立体感が欲しいのでKATOのズバリ側溝を埋め込み。でもコレはイマイチな感じだし曲線で使うのは難しいので不採用かな?縁石はエバーグリーンの1.09mm角棒にカッターで筋を入れて製作。
IMG_3989_600.jpg

せっかくの印刷道路なので、歩道部分は塗装では表現しにくいカラータイル仕上げにしてみたいと思います。
IMG_3993_600.jpg


最近テンションが下降気味なので、ラテンの血を注入!
当時弱冠20歳!マイケル・シュリーヴの熱いドラムプレイに注目!!映像でもわかる通りイケメンなので女性ファンも多かったとか?
Santana - Soul Sacrifice1969 Woodstock Live

しかしながら、それ以上に驚きなのはベースの「おじさん」・・・と思っていたデイブ・ブラウンがなんと1950年生まれ=当時19歳!ということだった。カルロス・サンタナも当時22歳だし、完全に「若者たち」のバンドだったんだよな。。。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2016/04/30 01:13 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)

ワイド架線柱をスリムに

いきなりですが下の2枚の写真を比較してください。何が違うでしょうか?
IMG_3801_600.jpg

IMG_3799_600.jpg

答えは架線柱の「横幅」です。上はKATOワイドラーメン架線柱の製品状態、下は同製品の横幅を切り詰めたモノです。

KATOのワイドラーメン架線柱は、プラ製品としては作りは優れているものの、いかんせん横幅が広過ぎて間が抜けた感じになってしまうのです(まあ商品名からして当然のことですが・・・)。583系辺りが急カーブ走行しても当たらないように、ってことでしょうか?国鉄/JR路線ならともかく、私鉄となるとイメージが違うかな~。

ちなみに実物はこんな感じでどちらかと言うと縦長な印象。やはり幅が狭い=私鉄感が出ています。※踏切から撮影
IMG_2885_600.jpg


上は製品状態、下は切り継ぎ加工後。
IMG_3781_600-2.jpg


①製品の状態
②はめ込みパーツをバラバラに解体
③スパッとカットし
④完成状態
IMG_3781_600_2.jpg


なお、切り継ぎ部分にはこんな風にプラ角棒(0.5mm)を内側に接着し補強しています。
良く見なきゃわからないし、塗装すれば目立たなくなるハズ・・・
IMG_3791_600.jpg


そして前後のパーツをはめ込んだ後に、矢印のパーツを横棒を残したまま上から接着。これでだいぶ丈夫になりました。この手のモノは見た目よりも強度最優先ということで・・・
IMG_3793_600.jpg


立体交差部分は橋台脇の擁壁を整形中。。。気が向いた時にしか作業しないので、恐ろしいほどの亀ペースです。
IMG_3785_600.jpg
高さ制限バーも、ただ乗せているだけの状態なので悪しからず。


本日のBGMは、今回の作業に合致するタイトルということで。
Judas Priest - The Ripper(1976)

ヘヴィメタルではありますが、さすがに40年も前の曲ということで、今となっては適度にチープなサウンドが微笑ましくもあります。特に1分15秒過ぎのギターソロなど。。。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2016/04/11 02:04 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)

(塗装完了)小田急風味のデッキガーダー

途中までKATOデッキガーダーで作っていたのを、フローベルデのキット加工へ方向転換したりで長い道のりでしたが、ようやく塗装に漕ぎ着けました。
IMG_3489_800-2.jpg

GM伊豆急ハワイアンブルーとGM黄色5号を使用しましたが、黄色はもう少し赤味があったほうが良かったかも。
IMG_3486_800.jpg

ちなみに通路部分はまだガーダーに乗っけているだけの状態、ガーダー自体をレイアウトに固定してから装着予定。
IMG_3485_800.jpg

線路を載せてイメトレ。ちなみに下の道路はほんのお遊びでデジカメ写真を元にフォトショ~イラレでコラージュしたものですが、ラインのかすれ具合など良い感じなので本番でもうまく採用出来ないか検討中。。。
IMG_3491_800.jpg


作業員通路は黄色と青に塗り分けられ、それに白線も引かれているので。。。
IMG_3158_800.jpg

実物同様塗り分けましたが、白線は細すぎてわかりにくいですね(0.4mmマスキングテープは細すぎたか?)。
IMG_3495_800-2.jpg
それにしてもこのフローベルデのキット、ペーパーながら踏み板がこんなにも目が細かく抜けているのが凄すぎです。

なおガーダー内側にも脚が装着されていますが、これはレイアウト設置後に金網を乗せるためです。
実物もこんな感じなので。
IMG_3176_800.jpg


通路末端の微妙な勾配も再現したかった部分です。
IMG_3494_800-2.jpg

このゴチャゴチャした通信ケーブルも再現しないと。。。
IMG_3414_800.jpg


さて、肝心のレイアウトはどうなってるんだコラァ?ってことですが、こんな風にKATOの複線線路を敷いて遊んだりプラン検討したり。。。とりあえずモジュールなどでなく、複線エンドレスで電車をガンガン走らせる感じで行きます!
IMG_3479_800.jpg

今まで作った建物を並べて街並・道路の配置なども検討しています。おや?あの駅舎も既にモックが姿を現していますね(笑)。
IMG_3480_800.jpg


(3月11日写真追加)
その後、重い腰を上げてレイアウト本体のスタイロフォームを掘り下げ・・・
IMG_3500_800.jpg

ガーダーを仮設置してみました。橋台は寸法確認のため紙で作った仮のもの。
IMG_3503_800.jpg


デッキガーダーを作ったのは、以前のブログでも書いた通りコレを作らないとレイアウト各所の寸法(特に標高)を決められないからで、以前作った“第3稲田ビル”で真っ先に階段を作ったのと同じ理屈です。

レイアウトの基準となる部分が決定したことで、ようやく本格的に地面作りに取り掛かれますが、でも作りたいストラクチャーもたくさんあったりと、やりたいことが多すぎて優先順位が付けられないのが悩みです(笑)。


今回のBGMは、“橋”にちなんでこの曲を♪
Simon & Garfunkel - Bridge Over Troubled Water(1970) 

悩んだときにゴスペルに癒しを求めるのは、同時期のビートルズ「Let it be」にも言えることですな。奇しくも作曲者はどちらも「ポール」だし(ポール・サイモンポール・マッカートニー)。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2016/03/10 10:24 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)

(イチからやり直し)小田急風味のデッキガーダー製作(2)

さて、前回ブログは中途半端な内容でしたが、その後作業をすすめました。
IMG_3460_800.jpg


前回シルエットカメオで製作した手すり。
IMG_3440_800.jpg

同じく無残にカットされたフローベルデのプレートガーダー。
IMG_3444_800.jpg



組み立て中♪
IMG_3445_800.jpg

全部組み立ててしまうと内部の塗装がやりにくくなるので、部分的に塗装しながら組み立てました。
IMG_3447_800.jpg
余談ですが、前回塗装時にエアブラシに塗料を残したまま清掃し忘れて1ヶ月以上放置しちゃったため、大変なことになりました(泣)。

細かい部品が多くて作り甲斐がありました。
IMG_3449_800.jpg


IMG_3452_800.jpg


全体像。作業員通路は別々に塗装するのでまだ固定していません。
IMG_3460_800.jpg

線路を載っけて最終確認。
IMG_3457_800.jpg

通路末端部の微妙な勾配がお気に入り♪
IMG_3459_800-3.jpg


さて次はいよいよ塗装ですが、結果は次のブログにて。

気合入れるためにいっちょBGMでも!
Grand Funk - We're an American Band(1973)

ハードロック系のビルボード全米No.1ヒットって珍しいな。この曲とヴァン・ヘイレンのJUMP(1984)しか思いつかない。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2016/03/08 18:53 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)
プロフィール

オダネコ

Author:オダネコ
毎日の通勤で見慣れた景色を模型化すべく、○○年振りに鉄道模型趣味に出戻りしました。とりあえず小田急沿線のストラクチャーを製作しています。

最新記事一覧
道路橋(2)&地形製作つづき 2017/11/10
道路橋の製作(1) 2017/10/28
丘陵地の地面製作開始 2017/10/12
GS(7)ミニジオラマ完成!? 2017/09/22
GS(6)建物の内装製作 2017/09/07
GS(5)細かい作業色々 2017/08/31
GS(4)とりあえず基本塗装完了 2017/08/25
GS(3)各種設備製作 2017/08/17
GS(2)建物部分の製作 2017/08/10
GS(1)配置検討~キャノピー製作 2017/08/04
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブログ村