小田急沿線模型化計画

小田急線風味のNゲージレイアウト製作

神のみぞ知る~乗り鉄旅(3日目)

前回のブログはコチラ

最終の3日目は「お伊勢参り」です。過去何度か行ったことがありますが、いつも「内宮」だけしか行っておらず今回も同じなので、次回こそ「外宮」にも行きたいと思います。「時間が無い人は内宮だけで良い」「内宮だけだと"片参り"で縁起悪いから外宮も行かないと駄目!」など様々な意見があるようですが、実際のところは内宮の参拝客は外宮の3倍くらい多いらしいです。

いかにもターミナルといった趣の上本町駅地上ホーム。しまかぜは大阪難波駅をわずかな乗車時間で慌ただしく発車しますが、敢えて上本町地上ホーム発車でも良かったんでは?などと思ってしまいます。
IMG_2049_800_480.jpg

一旦大阪難波駅に戻って・・・お目当ての電車「しまかぜ」入線!!冗談抜きで入線後の乗車時間は1分くらいしかなかったように思います。
IMG_2056_800_480.jpg

さすが豪華シート
IMG_2060_800_480.jpg

全ての可動部は電動です
IMG_2063_800_480.jpg

カーテンまで電動♪相鉄線の自動窓以来の感動です。
IMG_2064_800_480.jpg

先頭座席は惜しくも取れず、2番目の席でした。
1521006903Z9KW_.gif

伊勢市駅に到着しますが、外宮には行かないのでスルーして。。。
IMG_2071_800_480.jpg

という訳で次の宇治山田駅に到着!!若干気になったのは、伊勢市駅を出るとすぐに宇治山田駅に着いてしまうので、事前にその旨案内をした方がよろしいかと。
IMG_2077_800_480.jpg

ブラタモリでも登場した、今は使われていないホーム上のバス転車台
IMG_2075_800_480.jpg

この重厚な駅舎を見てこそ、伊勢参りの気分が高揚する訳です。
IMG_2079_800_480.jpg

ほとんどの客が「内宮前行き」のバスに乗りますが、そちらはいつも観光客で混んでいる印象なので、自分はいつも「浦田町行き(01/02系統)」のバスに乗ります。ここだけの話、コチラの方が断然空いていて運賃も安いのです♪
IMG_2087_800_480.jpg

内宮行きのバスと違って古市参宮街道を通るルートなので、途中こんな狭隘箇所もあったりで面白いです。
IMG_2121_800_480.jpg

「浦田町バス停」は鳥居前町(おはらい町)の端に位置しているので散策も楽しめます。地図右上の辺りが浦田町バス停付近、下端が内宮前バス停付近です。


おはらい町を歩いて内宮に向かいます。平日ながら凄い賑わい。
IMG_2104_800_480.jpg

赤福本店。赤福のホームページにペーパークラフトのダウンロードページがあるので今度作ってみようかな。
IMG_2099_800_480.jpg

おかげ横丁だニャ~(= ^ᆺ^)ノ
IMG_2102_800_480.jpg

内宮前の国道23号「終点」。他の国道と接することなくこのような形で終点となるのは珍しいです。
IMG_2111_800_480.jpg

内宮の入り口である宇治橋鳥居に到着♪ここから先は神聖な場所なので写真を撮らないことにしています。
IMG_2107_800_480.jpg

参拝の後は、おはらい町の店で伊勢うどんを食べ、再び浦田町からバスで宇治山田駅に戻りました。

ここから再び「しまかぜ」で名古屋に向かう予定でしたが、時間が余り過ぎていたのと、名古屋での乗り換え時間に余裕が無い感じだったので、スマホで別列車に予約変更。待ち時間が30分以上あったので駅構内をブラブラしました。

前回来た時は、宇治山田の駅構内は閑散とした雰囲気で、駅から少し離れたコンビニに買い出しに行ったりしたものですが、久々に来てみたらこのようなショッピングモールが出来ており、賑わっていました。
IMG_2086_800_480.jpg

近鉄のHOゲージレイアウトがありました。コインを入れると走行するヤツですが、おばちゃま達の視線を浴びながら走行させる勇気は無かったです・・・
IMG_2080_800_480.jpg

ストラクチャーはNスケールが混在しておりノンスケールな感じでしたが、駅舎は雰囲気が出ていました。
IMG_2081_800_480.jpg

近鉄と言えばアイツにも乗ってみたいのですが、なかなか機会がありません。
IMG_2127_800_480.jpg

やってきたのは「伊勢志摩ライナー」
IMG_2129_800_480.jpg

DXシートを取りましたが、1人シートを取ったつもりがミスって2人シートの窓側を取ってしまったため、途中でオジサンが隣に座ってきました(私?オジサンじゃなくオニイサンということでw)。
IMG_2144_800_480.jpg


さて、名古屋からは「ぷらっとこだまグリーン車プラン」で東京へ。時間はかかりますがのぞみ普通車指定席より安くて快適なので重宝しています。
IMG_2158_800_480.jpg
※列車変更や途中下車などは出来ないので要注意


東京から千代田線大手町駅まで徒歩で移動。そこから地下鉄~小田急直通ロマンスカーで地元まで帰宅しました。

今回の旅では、路線バス含めすべての運賃はネットでの事前決済やICカード(Pasmo)で行けたので、すごく楽でした。


【本日のBGM】
ビーチ・ボーイズ=おそろいのストライプのシャツを着てサーフィンミュージックを演奏するお気楽な連中・・・という先入観がかつて個人的にありましたが、この曲が収録されている名盤「Pet Sounds」を聴いて覆されました。

演奏はスタジオ・ミュージシャンが行い、メンバーはボーカル・コーラスのみの参加なので、実質的にブライアン・ウィルソンのソロアルバムと言った感が強いですが、この美しい曲を自分でなく弟のカールに歌わせたのは、作曲だけでなくプロデューサーとしても一流なブライアンならではの判断です。

The Beach Boys - God only knows(1966)

その後のビートルズの楽曲を聴く限り、特にポール・マッカートニーに与えた影響は大きく、「Here, There and Everywhere」はこの曲に触発されて書いたのは有名な話ですし、「Penny Lane」なんかもアレンジ面で彷彿とさせるものがあります。

ブライアン・ウィルソンは当時精神疾患や薬物などの影響で、ツアーには参加せずスタジオワークに専念。そのため今回の映像にも登場しません。一時期はいつ死んでもおかしくないようなジャンキー状態だったブライアンが、今やウィルソン3兄弟の中で唯一健在なのは失礼ながら意外な感じです。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2018/03/15 19:58 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(0)

京都・そして神戸~乗り鉄旅(2日目)

前回のブログはコチラ

2日目の行動は全く予定を立てておらず、当日の気分で決めようと思っていました。

で、とりあえず京都へ向かうことにしましたが、やはり普通のルートではつまらないのでまずは大阪駅から環状線~関西線直通の大和路快速に乗りました。

首都圏に例えると、山手線に常磐線中電が乗り入れちゃっているような感じなので、大阪環状線はとても興味深いです。

奈良駅に到着♪
IMG_1861_480.jpg

そして奈良からは奈良線みやこ路快速で京都へ向かいます。

奈良線途中の桃山駅と言えば、TMS1983年8月号(No.433)に掲載された素晴らしいレイアウトセクションを思い出します。実景を忠実に再現した作風は今でこそ多いですが、1983年当時ほとんど無かったように思われ、衝撃的だったのを今でも覚えています(当時自分は中1のガキでしたが)。
TMS433.gif
写真撮ることは出来ませんでしたが、車内から見た感じでも駅横のマンションや踏切脇の建物など、このレイアウトの雰囲気は残っていました。


京都駅に到着♪
IMG_1870_480.jpg

京都駅から徒歩で鉄道博物館に向かいます。結構遠かったけど(15分くらい)、途中このようなかわいい道案内が至るところに設置されていたので、迷わず向かうことができました。
15204843689k.gif

お馴染み京都市電の遺構をくぐり・・・
IMG_1993_480.jpg

市電広場を通って・・・
IMG_1887_480.jpg

ようやく鉄道博物館に到着。
IMG_1892_480.jpg

建設中の嵯峨野線新駅が出来ればアクセスも良くなりますね。
IMG_1891_480.jpg

意外に女性グループなんかも多く、好感が持てました。
IMG_1907_480.jpg

展示車両は・・・いうまでもなく梅小路の蒸機群が圧巻だった反面、「電車」がとても少ないように感じました。特に急行型・近郊型電車が全く無かったのは寂しいです。
IMG_1919_800_480.jpg

やはり「模型」は気になります。
IMG_1974_480.jpg

IMG_1976_480.jpg


その他写真はスライドで。以前別ブログで使っていたフォト蔵のアカウントを復活させました。
http://photozou.jp/photo/list/3225673/9146664



その後は館内のレストランで昼食後、博物館を後にして再び京都駅から地下鉄に乗り、阪急烏丸駅から京都線特急で梅田へ。こちらも転クロで快適です。
IMG_1995_480.jpg

IMG_1998_480.jpg

梅田から阪神の姫路直通特急に乗車。こちらは列車によってロングシートとクロスシートが混在しているので、1本やり過ごしてクロス車に乗りました。
IMG_2000_480.jpg

大都市に山が迫っている感じが良いです。
IMG_2003_480.jpg


姫路まで乗り続けるか迷いましたが、新開地で神鉄に乗り換え。神鉄は10年振り2回目ですかね。今回は通りませんでしたが前々日に粟生線の三木駅で火事があり、粟生線は間引き運転をしていました。

自分は乗り鉄と言えばクロスシート派なんですが、ここ神鉄に限ってはロングシートこそ醍醐味ですね(そもそもクロス車が無いですが)。ロングシートに腰かけて車窓風景を見ていると、明らかに急こう配を登っているのがわかって楽しいです。

後で調べたら新開地から8km足らずの鈴蘭台駅付近でも既に標高278mもあるのは驚きました。これはもう立派な「登山鉄道」です。

谷上駅では、北神急行に同一ホームで乗り換えできるよう、本来逆方向のホームにわざわざ転線して停車したのが面白かったです。

有馬口駅で乗り換え、有馬温泉駅に到着。平日ですが卒業旅行の学生グループ?が多かったです。
IMG_2027_480.jpg

嗚呼温泉風情♪
IMG_2018_480.jpg

日帰り温泉にでも入ろうかと思いましたが「裸になるのはちょっと・・・」という訳で、駅周辺をブラブラしただけで撤収しました。日が暮れてしまったらこの後の車窓風景を楽しめませんので。
IMG_2026_480.jpg

再び有馬口で三田方面へ乗り換え。構内踏切ってのも良いですね。
IMG_2029_480.jpg

神戸電鉄・・・もし自分が関西在住だったら「模型化」してみたい題材です。4両のコンパクトな編成、駅も当然コンパクト、50‰の急こう配、分岐と車庫のある鈴蘭台駅。ニュータウン風の高架2面4線の岡場駅、しかしとなりの五社駅は単線棒線駅・・・などなど、魅力がたっぷり詰まっています。


三田駅から福知山線の丹波路快速で大阪に到着。
IMG_2034_480.jpg

その後ヨドバシ梅田8階のステーキレストランで夕食。旅先の食事は金がかかって仕方ありません。そして宿のある上本町へ移動しますが、ここでもひねくれ病が発症。

梅田から阪神本線でいったん尼崎へ。興味深い駅構造を観察した後、(大物駅から往復乗車になってしまうので)律儀に改札を出入りしてそして阪神なんば線~近鉄直通で上本町に到着。尼崎から難波方面は夜の上りだから空いていると思いきや、西九条でUSJ帰りの観光客集団が大量に乗り込んできたのは想定外でした。

で、上本町のホテルにチェックインしてひと段落しますが・・・

「あの夜景が見たい」ということで、急きょホテルを飛び出しで上本町から奈良線特急で生駒駅まで。
IMG_2035_480.jpg

やってきたのは何とアーバンライナーでした。名阪以外でも使われているんですね。
IMG_2037_480.jpg

東へ横一直線に走行していた奈良線が、瓢箪山駅を過ぎると北へ大きく向きを変え勾配をグングンと登っていく。。。この感じが昔から大好きです。毎日通勤で利用している人がうらやましいと思っています。

瓢箪山~石切間で左に見える大阪平野の夜景がとてもきれいです。移動しながらの撮影なのでうまく撮れる訳がありませんが。。。
IMG_2044_800_480-2.jpg
途中の額田駅には思い出が・・・7年くらい前、近鉄生駒線の南生駒駅からかの有名な「暗峠」を通り近鉄奈良線の額田駅まで、なんと"徒歩"で踏破したことがあるのです。あの頃の気力・体力はもうありません・・・

長~い新生駒トンネルを抜けるとすぐ生駒駅に到着しますが、並行するけいはんな線の電車が同時入線する感じがカッコ良かったです。

大阪から程近い生駒駅で降りる人なんて自分くらいかな?と思いきや、結構な人数が下車していたのは驚きでした。

生駒駅からは上り最終特急に乗ってトンボ帰りしました。これもあとで調べましたが、生駒駅も標高147mと、結構な高所に位置していますね。
IMG_2043_480.jpg



【本日のBGM】
子供の頃は歌っている人が「内山田洋」だと思っていました(言うまでもなく前川清)。ボーカルが素晴らしいのはもちろんですが、激しいドラムのフィル・イン、泣きのギターなどアツイ演奏にも大注目です♪

内山田洋とクールファイブ - そして、神戸(1972) 




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2018/03/14 22:45 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(0)

8時ちょうどのあずさ〇号で~乗り鉄旅(1日目)

以前は旅行が好きで、電車でもクルマでもしばしば遠くまで出かけていましたが、鉄道模型にカムバックして以来、めっきり旅行に行かなくなっていました。数万の旅費があれば、その分模型に費やしたいという心理ですかね。ココ3年間で一番の遠出はあの時かな。。。随分と行動範囲が狭くなったものだ。

という訳で、一念発起して旅に出ることに!と言っても明確に行きたいところは無いので、とりあえず「新幹線を使わずに大阪まで」をテーマに、まずは新宿から中央線あずさ号に乗車♪

自分の場合、本来は中央線特急に乗る場合は横浜線で八王子に出るほうが近いですが、それだとイマイチ気分が乗らないので(笑)、昔から新宿までわざわざ出て乗るようにしています。新幹線も然りで、新横浜でなくわざわざ東京から乗るのが定番となっています。

後述のヒット曲のタイトルは「あずさ2号(※歌詞の内容から下り)」ですが、現在では2号=上り列車のみなのは鉄好き・旅好きなら周知の事実ですね。現在では8時ちょうど=スーパーあずさ5号となっています。
IMG_1719_480.jpg

何の予備知識も無しにチケットを取りましたが、車両はもうすぐ引退するE351系でした。自分的にはまだまだ新しい電車というイメージでしたが、月日が流れるのは早いです。
IMG_1717_480.jpg

中央東線で下り特急に乗る時は、必ずD席(進行方向左側)を取るようにしています。
IMG_1722_480.jpg

D席の方が、勝沼をすぎた辺りの甲府盆地を見下ろす眺めとか、他にも中野・三鷹・豊田の各車両基地、大月駅の富士急など見どころが多いです。
IMG_1726_480.jpg

塩尻駅で下車。
IMG_1749_480.jpg

駅構内にはこのような展示が。この後おばちゃんがテーブルに腰かけ荷物が当たったため、模型電車は派手に脱線していました(汗)。
IMG_1765_480.jpg

塩尻からは「しなの」に乗車。
IMG_1769_480.jpg
こちらでは、「寝覚ノ床」などが見えるよう進行方向右側のA席を取りましたが、激しい降雨のためまともな車窓風景を撮ることができず。。。

名古屋駅に到着。今回はケチな旅なのでグリーン車には乗っていません。
IMG_1776_480.jpg


名古屋駅で必ずと言って良いほど立ち寄るのが、地下街(エスカ)の中にある「スガキヤ」です。以前は自分の地元神奈川県のスーパーの中とかにも普通に有ったチェーン店で、「とにかく安い」のが魅力で、中学生くらいの頃は友達と近所の店にラーメンやソフトクリームを食べに行ったものでしたが、現在では残念ながら関東地方からは撤退してしまっています。

しかしながら、ここは一般的なSugakiyaと違い新業態の寿がきやなので、メニューも違い値段も割高です。
DSC_0401_480.jpg

新幹線に乗らないのがテーマだけど、普通列車は18キッパーで混んでるし・・・ということで、名古屋からは「しらさぎ」に乗車。ここでは次写真の光景を見るため進行方向右側のA席をゲット♪
IMG_1782_480.jpg

名古屋界隈でツボなのは、この名鉄西枇杷島駅です。2面4線ながら4両ギリギリ屋根無し極狭ホーム・・・こんな駅ほかにあります?
IMG_1790_480-2.jpg
初めてこの光景を見た時(20年以上前?)は驚愕しましたが、当時はネットが普及していない時代だったので簡単に調べることも出来ず、しばらくのあいだ「謎」でした。

この区間を下り特急で通過するのは初なので、通称新垂井線を通るのが新鮮でした。下り普通は乗ったことがありますが当然垂井駅経由ですね。

米原で下車。こんな乗り方する奴は自分くらいだろうな、と思っていましたが、同じような人が何人もいました。
IMG_1798_480.jpg


米原からは新快速・・・といきたいところでしたが、時間的に丁度良い列車が無く、かつ目的地まではこちらに乗ったほうが早いということで223系の「普通」に乗車。
IMG_1799_480.jpg
転クロの普通列車に乗れるのは、関東人から見ると羨ましい限りです。

山科で下車。さようなら~。
IMG_1806.gif

山科からは地下鉄で三条に向かい、そこからおけいはんの「プレミアムカー」に乗車♪(写真は淀屋橋到着時)チケットレス会員登録済みでスムーズに予約できました。
IMG_1824_480.jpg

正直言って、関東と違い料金不要転クロが当たり前の京阪間で、有料座席は厳しいのでは?と思いましたが、自分が乗った平日夕方でも乗車率はそこそこ良かったように思いました。途中駅では何も知らない外人観光客が乗り込んでくることが多く、アテンダントのおねいさんが一生懸命追っ払って対応していました。
IMG_1820_480.jpg
ともあれ、良い座席とキレイなおねいさんに癒されました♪

淀屋橋から~地下鉄で梅田に移動。駅やヨドバシ梅田などからほど近いホテルに宿泊しましたが、コンクリ打ちっぱなしの内装で個性的でした。立地が良いので今後大阪に行くときは常宿にしようかと思います。
IMG_1837_480.jpg


【本日のBGM】

自分が小学1年生の頃に流行っていた曲ですが、今更ながら驚かされるのは2人の「年齢」。弟さん(長髪)は当時何と17歳だったとは!!そしてお兄さんでも21歳。。。

狩人 - あずさ2号(1977)


しかしながら、個人的には「あずさ2号」と言えば「ひょうきん族」でやってた元祖ハイテンション芸?の方が世代的に馴染みがあります(笑)。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2018/03/14 01:24 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(0)

Gフェス(その2)

Gフェス(その1)からつづき

写真中心&コメント控え目で掲載します。

「とれいん」に載っていた、この只見線のモジュールも圧巻でした。
IMG_5814_480.jpg

IMG_5813_480.jpg

IMG_5815_480.jpg


IMG_5807_800.jpg

IMG_5808_800.jpg

IMG_5831_480.jpg

IMG_5832_480.jpg

IMG_5838_480.jpg

IMG_5800_480.jpg

IMG_5805_480.jpg

IMG_5795_480.jpg

IMG_5801_480.jpg

IMG_5833_480.jpg

IMG_5835_480.jpg

IMG_5851_480.jpg


おなじみ姨捨駅モジュールでは普通列車の上下交換+特急通過が自動運転で行われており、見ていて楽しかったです。
IMG_5829_480.jpg

自分も跨線橋は自作予定なので参考にさせていただきます。
IMG_5824_480.jpg


今後も年2回くらいは週末に有休を取得してこのようなイベントに出かけたいと思います。


今回のホビセンでの戦利品はこちら。TMSのバックナンバーです。
IMG_5870_600.jpg
2012年というと自分的にはクルマ弄りやカメラなどに夢中、鉄道模型からは離れていた期間で、TMSなどの雑誌は立ち読みで済ませる程度でした。復帰した今、ブックオフなどでTMSの古本を見つけたら買うようにしていますが、この号はなかなか売ってなくて。。。
ホビセン書籍コーナーは神保町の書泉同様バックナンバー=定価売りですが、個人的にこの号は定価でも何ら問題ありません!


【本日のBGM】
前回に続きトッド・ラングレン。彼の楽曲で一番有名な曲?

Todd Rundgren - I Saw The Light (1972)



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2017/02/11 21:06 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(0)

Gフェス(その1)

普段土日祝は仕事ですが、久々に有休を使ってホビセンへ行ってきました。まず驚いたのが、平日は閑散としているホビセンがたいそう賑わっていること(当たり前ですが)。


西武40000系の試作品が展示されていました。西武はKATOから新旧続々と製品化されて羨ましいです(小田急通勤車も出してほしいなあ~)。
IMG_5868_480.jpg



※原則として初見の作品のみ掲載しています(一部例外あり)。

オープニングはこちらの作品から。いつもネットで拝見させていただいております。確かな工作力が感じられ、何をやっても直角・平行すら満足に出せない自分は背骨の矯正から始めないと駄目かも?と考えさせられてしまいます。
IMG_5864_800.jpg

本家の押入線レイアウトともども、実物を目にしてみるとウェザリングによる色使いがとても良い感じなのです。
IMG_5863_800.jpg

ホームを貫通する架線柱、向こう側の電線(黄色いカバー付き)など良い感じです。
IMG_5793_800.jpg

IMG_5791_800.jpg


クソガキ小さな怪獣がこの素晴らしきレイアウトの架線柱を破壊しそうになっていたので、ゲンコツを見舞って「ダメだお~」とやさ~しく注意して追っ払っておきました(同様に注意されるシーンは頻繁に目撃されました)。
IMG_5842_800.jpg




新作の駅モジュール。ストラクチャーはキット利用ですがやはり塗装とウェザリングで良い雰囲気となっています。
IMG_5803_800.jpg

IMG_5804_480.jpg


こちらは「とれいん」誌に載っていたモジュールかな。
IMG_5763_800.jpg

IMG_5762_480.jpg


立体構造が凄い!
よく見ると地下にトラムも走っているし、路線バスも走行していました。
IMG_5787_800.jpg

IMG_5788_800.jpg





今回のトリはこの作品です。こちらもネットでいつも拝見させていただいておりますが、作り込みが凄すぎて「神」の領域です。
IMG_5839_1000.jpg

あの街が再現されています。派出所の窓が金網張りなのも地域性でしょうか。
IMG_5782_800.jpg

生活感の演出が素晴らしいです。
IMG_5777_800.jpg

物置の前にあるコンクリートブロックに注目!(画像上にマウスポインターを置くと拡大表示されます
画像

見どころが多いので、必然的に写真の枚数も多くなります。。。
IMG_5785_480.jpg

IMG_5779_480.jpg

IMG_5778_480.jpg

IMG_5780_480.jpg

Gフェス(その2)へ続く

【本日のBGM】
このプレートを見た瞬間、ある曲が頭に浮かびました・・・
IMG_5775_800.jpg

・・・という訳でこの曲です。ピアノとコーラスだけのシンプルなアレンジや、音質の良さも相まって古臭さが全くありません。就寝時によく聴く曲です。

Todd Rundgren - Wailing Wall(1971)
トッド・ラングレンは自身の音楽から有名ミュージシャンたちのプロデュース業に至るまで、まさしく「マルチ・ミュージシャン」。そんな神のような人が大昔バイト先のアキバの電器店にいきなり現れビックリした経験があります。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
[ 2017/02/11 21:03 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(3)
プロフィール

オダネコ

Author:オダネコ
毎日の通勤で見慣れた景色を模型化すべく、○○年振りに鉄道模型趣味に出戻りしました。とりあえず小田急沿線のストラクチャーを製作しています。

検索フォーム