小田急沿線模型化計画

小田急線風味のNゲージレイアウト製作

(イチからやり直し)小田急風味のデッキガーダー製作(1)

という訳で、前回までのデッキガーダーはボツにして、イチからやり直しです(汗)。

KATOのデッキガーダーの作業員通路の脚の表現(単なる板!)は気になっていたものの、強度優先と言うことで当初はガマンするつもりでした。

しかしながら後から気付いたのはその通路の幅の狭さ。この写真を見る限り、KATOデッキガーターの作業員通路は線路右側の青い部分という感じで、実物の黄色い通路はその外側に位置しています。
IMG_3409_800.jpg

それと、ダメ元で注文したものの入荷しないだろうと思われたフローベルデのプレートガーダーキットが、奇跡的に?入手出来てしまったのが決定打となりました。

前回製作品はさすがに廃棄するのは勿体無いので、コレを生かすべく車両展示用のプチモジュールでも作ろうかと思っています。


作り直しにあたって、手すり部分がうまく出来るかどうかが重要なポイントでした。これがダメなら当初の通りKATOで行くつもりでした。

イラストレーターで作図し・・・
デッキガーダーイラレ作図_800

シルエットカメオでペーパーを切り抜き(カメオ持ってたのかよ!)。試行錯誤の結果、手すり外周は歪み防止のため太く残しています。
IMG_3438_800.jpg
実はプラ板でもチャレンジしましたが、カメオでケガいた線をカッターでなぞる作業が辛すぎて早々と断念しました。

イラストレーターのデータをシルエットカメオで出力する方法は色々あるようですが、自分の場合は一旦イラレからdxf形式でファイルを書き出し、改めてSilhouette Studioでdxfファイルを開いてシルエットカメオで切り出しています。


プラストラクトの0.5mm角棒で補強してから外周切抜き。本当はアングルっぽくしたかったのですが、これ以上の精密な表現は自分には無理です。
IMG_3440_800.jpg

ちなみに手すりの両端が垂れ下がっているのはこの辺りを参考にしました。作業員通路から路盤へ降りる部分が勾配となっています。
IMG_3414_800.jpg

シルエットカメオは数ヶ月前に購入していたものの、「青柳」製作時にプラ板のケガキに使った程度で、本格的?に使うのは今回が初めてです。今後はストラクチャーや架線柱のパーツ製作などにも活用したいと思います。


さていよいよガーダー自体のナナメ加工!と行きたいところですが、寸法確認のためキットを厚紙にコピーし、モックを作成してみました。
IMG_3442_800.jpg


そしてキットを切り刻んで・・・眠くなってしまったので今回はココまで!(いつになったら完成することやら)
IMG_3444_800.jpg


日付も変わって既に土曜日、というワケでこの曲を♪
Chicago - Saturday In The Park(1972)

動画では(1973)となっていますが、実際は1972年7月リリースの曲。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事
[ 2016/03/05 00:54 ] レール関係 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オダネコ

Author:オダネコ
毎日の通勤で見慣れた景色を模型化すべく、○○年振りに鉄道模型趣味に出戻りしました。とりあえず小田急沿線のストラクチャーを製作しています。

検索フォーム