小田急沿線模型化計画

小田急線風味のNゲージレイアウト製作

鉄道模型ショウ2016

今週は「工作しない週間」なので(笑)、銀座・松屋で開催中の「鉄道模型ショウ2016」に行ってきました。

正直なところお子様向けのイベントって感じで、実際のNゲージャーとは対象年齢がかなりズレている感は否めませんが、自分のような平日休みの人間にとっては無理なく参加できる数少ない機会ですし、昨年夏に突如鉄道模型趣味に舞い戻ったキッカケのイベントでもありますので・・・

話がそれますが実際のところ、今回のイベントでお子様がNゲージに興味を持ったとしましょう。で、「数ヵ月後の誕生プレゼントに○○○系が欲しいな」なんて話になって、いざ買いに行ったらとっくに市場在庫がなくなってて、数年後に再生産があるかどうかと言われ親子で号泣・・・なんて問題起きてないのかな?なんて余計な心配してしまいます。製品バリエーションが少なかった昔とは違うので、欲しいものがいつでも買える、という状態にするのは不可能なんですね。。。

あらかじめ言っておきますが、レイアウト用品しか興味が無いため車両ネタはほとんどありません。


まずはGMブースへ。

密かなお目当てがコレでした。確か今秋発売予定だからそろそろ試作品でも見れるかな?と思って・・・
IMG_4801_800.jpg
・・・って、良く見るとおいおいっ!発売予定が来年夏になってるぞ~!!


と言いつつも、モックアップが展示されていました。あくまで寸法・構造検討用のラフなものですが、おおまかな雰囲気・寸法がわかったので良かったです。
IMG_4800_800.jpg

個人的には、改造しやすいよう板キット形式だと嬉しかったかな。かつて様々なアレンジが出来るという謳い文句でビジネスビルという商品が出たものの発展することなく頓挫してしまいましたが、原因の一つとして商業ビルは既に各社から多種製品化されていて既にお腹イッパイ・・・ということが言えたと思います。一方マンションと言えば以前から出ているトミックスか、或いはGMの古風な集合住宅の板キットをアレンジするくらいしか無かったのですから。
IMG_4848_800.jpg

実はこのマンション模型の存在のために制作中のレイアウトの「左半分」の予定が全く目処が立たなかったのですが、さすがに来年夏までは待てない!ということでやはりマンションも自作してとっとと地形や道路・建物の配置を決めちゃいたいと思います。


IMG_4858_800.jpg



IMG_4804_800.jpg




続いてKATOブースにて。

ここ最近飯田線ネタを連発させていいて、もはや何が出ていて何が出ていないのか訳わからん状態ですが・・・
IMG_4811_800.jpg

まさかこんなモノまで!!
IMG_4818_800.jpg

なるほど・・・
IMG_4852_800.jpg

従来のデッキガーダーとも接続可能です(写真最右下だけ従来品)。
IMG_4855_800.jpg

固定線路派の方々にとっても、何気に橋台・架線柱・歩廊辺りの製品化が嬉しかったりするのでは?
IMG_4822_800.jpg



トミーブースにて。

左はフリーランスと言いつつ明らかに日車標準車。何故今さらフリーランスとして売り出すのか?そして右は我が小田急!の1800系。
IMG_4851_800.jpg

今回は最終仕様をモデル化とのことですが、自分が小学生のとき偶然さよなら運転に乗車したことがあり思い出深い電車です。
IMG_4830_800.jpg

良い感じのジオラマ。
IMG_4835_800.jpg

167系湘南色は、御殿場線の急行ごてんば号で馴染みがあるので、俺の特権で松田駅の連絡線経由で自分のレイアウトに入線させちゃおうかな(浮気ダメ!ゼッタイ!!)。
IMG_4841_800.jpg


静岡ホビーショーでも展示されていた「築堤」
IMG_4842_800.jpg

この小さな橋は初めて見た気が?
IMG_4843_800.jpg


KATO製品と勘違いするくらいにクォリティが上がってます。
IMG_4836_800.jpg

IMG_4837_800.jpg

IMG_4838_800.jpg


今回の戦利品。

「車両基地のストラクチャー」は地元の書店はおろか、新宿の紀伊国屋書店でさえ見当たらず通販で買おうか?と思っていたところに今回の物販コーナーで売られていたのですかさずゲット。

小田急1700形は、発売時は「旧塗装時代は守備範囲外だな~」ということで見送っていたものの、今回は「特価」だったので思わず買ってしまった次第です。
IMG_4863_800.jpg


今回のBGMは、コレしかないでしょ!
今回利用した地下鉄日比谷線の発車メロディにも使われてました。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/28 23:15 ] イベント・お出かけ | TB(-) | コメント(2)
新しいストラクチャー製品
今年はレイアウトビルダーにとってまさかのサプライズ製品が多く出ますね。

やはり自分はKATOの曲線プレートガーター橋と架線柱・橋脚の製品化が一番驚きました。直線用プレートガーターだけですとレイアウトプランが限定されてしまうのでR448だけだとしても曲線用が出たことは大きな意味を持ちます。
そしてこれまでの大手メーカーの橋梁製品で最も不満が大きかった橋脚と架線柱の形状がかなり実物に近いものになったことが素直に嬉しいです。橋脚は追加パーツで背を高くできるのでしょうか?

いずれも今回のKATO曲線プレートガーター橋シリーズがもっと大きめの曲線半径のバージョンが出るなどの期待をしたいです。

TOMIXの築堤やアーチ橋もそのままではなくドレスアップしたら面白そうです。

そして冒頭で書かれていらっしゃる現在の鉄道模型車輛製品が限定生産主流になっていることはやりにくさを感じます。漁師の間で「親の仇と魚は見たら獲れ!」と云われているみたいですが、今の鉄道模型もそうです。
親が子どもからある車輛「~系がほしい」とせがまれたとき、「クリスマスまで待とうね」とか「一生懸命お小遣い貯めて買おうね」と言えなくなってきました。メーカーは「我慢なんかしちゃいけないのだ。辛抱して待っていてはいけないのだ。欲しかったらギャン泣きしてせがんでも買ってもらわないと買えなくなるのだ!」と子どもに急かしていることになります。教育に悪いですね・・・・。
[ 2016/07/30 09:45 ] [ 編集 ]
Re: 新しいストラクチャー製品
オヤマダ様、コメントありがとうございます。

自分もKATOのは「そこまでやるか!」と驚きました。ここまで出すなら今後は沿線の駅舎なんかも期待してしまいます(笑)。
架線柱なんかも、今回の橋脚用だけでなく私鉄時代からの先が細くなっている鉄骨架線柱なんかもモデル化されるとうれしいですが(小田急にも流用できるので)、さすがに厳しいですかね。
サンプルを見ていて橋脚の低さは気になりました。フロア運転ならともかく固定レイアウトでも使えるよう追加パーツは用意してほしいですね。

築堤といえば固定レイアウトで自作するものと思っていたので、これまた意外でした。

セットよりも単品売りがメインで、単価も安かった昔と比べると隔世の感がありますね。
KATOの103系なんかT車は800円、M車でも2500円くらいだったイメージです。

それでもKATOなんかは金額面では比較的頑張っていると思いますが、特に私鉄派の自分としてはマイクロエースやGMの値段があまりにも高すぎに感じますし、発売後すぐに入手するしかない現状ですと、もはや鉄道模型は子供には見せちゃいけないものなのでは?とさえ思えてしまいます。
[ 2016/07/31 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オダネコ

Author:オダネコ
毎日の通勤で見慣れた景色を模型化すべく、○○年振りに鉄道模型趣味に出戻りしました。とりあえず小田急沿線のストラクチャーを製作しています。

最新記事一覧
道路橋(2)&地形製作つづき 2017/11/10
道路橋の製作(1) 2017/10/28
丘陵地の地面製作開始 2017/10/12
GS(7)ミニジオラマ完成!? 2017/09/22
GS(6)建物の内装製作 2017/09/07
GS(5)細かい作業色々 2017/08/31
GS(4)とりあえず基本塗装完了 2017/08/25
GS(3)各種設備製作 2017/08/17
GS(2)建物部分の製作 2017/08/10
GS(1)配置検討~キャノピー製作 2017/08/04
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブログ村